2016年01月24日

Boots combat tropical (ジャングルブーツ)

今日は〜jonesです。

今日はジャングルブーツについて書きます(また)
以前の記事はこちら。↓
http://rm73.militaryblog.jp/e697702.html
ナゼかと言いますとジャングルブーツを買ったからです(また)

イヤイヤ〜〜
今回はただのブーツじゃ無いんですよぉ〜
2ndタイプです!




ビブラムソールにくるぶしのナイロンテープの補強ナシ!
シンプルすぎる....
ジャングルブーツのバリエーションの中では一番シンプルです。

手入れですが、全体的に小汚なかったのでレザーソープとぬるま湯で優しく洗って、ソールはゴミとホコリを落としました、



そしてある程度乾燥したらレザーオイル、マスタングペーストを塗り込み、

ソールはラバー保護剤を使って劣化を予防します。
この保護剤結構有能でラバー表面がなめらかになりますよ〜、

※モデルはM1944ゴーグル
ソール交換のでき無いDMSユーザーの皆さんは1本是非買ってみてください♪


はい!お手入れ完了!

滑らかになりました!
ソールは若干硬いけど表面硬化しかしして無いためまだ望みはありますね(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾


2ndパターンと4thパターンです。
やはり2ndパターンのほうがシンプルでカッコ良いです(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾ 親父はビブラムソールで補強アリの3rdが至高らしいです。

やっぱりステキ((´∀`*))

ソール!
初めてビブラムを見ましたが良いですねー((´∀`*))
最高!


タグです、2ndはコントラクトタグで、内側に付いてます。
DSA-1-9236
1965年製ですΣ(>д<)
1965年と言えばジャングルブーツの前線部隊初期支給が始まった年の物なのに良くこんなキレイに残ってたな...と感動します。
将校さんが履いてたのかもしれません!

ではでは、恒例のヒストリーを書いていきますよー

2ndタイプジャングルブーツ。

1965年、各歩兵師団に対し熱帯用ブーツの支給が始まりました。
しかし支給されていない部隊もありました。
この時点ではベトナムへ派遣される部隊に対して1人1足の支給であり、生産が追いついていなかったため、破損や紛失時の再支給は望めなかったため
ベトナムへ派遣される各歩兵師団は隊員に対してレザーブーツとトロピカルブーツを合わせて持っていくように「1人2足のブーツを持っていけ」と命じました。
その次の年、1966年8月には各歩兵師団全体へトロピカルブーツの支給が始まりました、さらに同年11月、後方部隊への支給を完全にすべく軍は新たに20万足のトロピカルブーツ(2ndパターン)の生産を命じます、これによって1967年にはベトナムへ派遣された全部隊に対してトロピカルブーツの支給が完了しました。

しかし、全部隊への支給と共にある問題もおこりました、軽くで履きやすいトロピカルブーツはベトナムでとても人気が高く、最初こそ歩兵師団にのみ支給されていたが、全部隊に回るようになってからはヘリクルーも履き始めました、これは重大なもんだで、航空機火災の際、コットンとナイロンで出来ているトロピカルブーツは非常に火災に弱く火傷の原因でした、なのでヘリクルー等にはレザーブーツを履くよう命じていましたが、中には履くものもいました、データとしてはベトナム戦争初期の歩兵師団でレザーブーツを履いていた部隊の方が足に限定されますが怪我などのトラブルが非常に低かったそうです。

20万足の2ndパターントロピカルブーツは生産されている途中で共に3rdパターンの生産も始まり
完全支給がされた1967年をもって生産を終了しました。なので後方部隊が2ndパターンのトロピカルブーツを得た時、前線部隊では既に3rdパターンのトロピカルブーツを履いていたのでしょう。


今回はこの辺で((´∀`*))


  


Posted by jones at 14:20Comments(1)

2016年01月17日

M65フィールドジャケット 1stタイプ

こんばんは!
じょーんずです!!
なぜJonesか?初めて買ったM65かなんかのネームテープがJONESだったからです笑

はい!雑談はこの辺で笑
今日は僕のコレクションの紹介でもさせていただきますね!
寒いこの時期に結構ていばんのM65フィールドジャケットです。
我が家には3〜4着あります笑
今日はその中の1stタイプをご紹介します。


コレです!
昔から我が家に有るフィールドジャケットで
父から貰ったのですが、これ、レアやから
と一言添えられました、中学生の頃何のことかサッパリでクソ雑なパッチが嫌いで、しかもミリオタの同級生にエポレットがないからぱちモンとか言われ悔しい思いをしながら(笑)取り敢えず着てましたが、ナム戦に興味を持ち始めた頃にM65について調べてると、、お?これ1stタイプのM65なんだ!と気づきおお!レアやん!と思ったのですが今度はパッチがクソ雑でやっぱり好きにはなれませんでした、剥がそうと思いました、
そこから月日が流れ、詳しくなってきたときに
ローカルメイドとDSAロットと言うものが知識に加わりました、家中のミリタリージャケットのタグを漁っては年代特定してました笑笑
で、このM65を見てみると...
DSA 100-1696
おお!65年製!?感動ですよ、

すげー!ホントレアだったんだな!と思い知らされました
そしてこの雑なパッチも


ローカルメイドパッチだと知りベトナム戦争に少数派遣されてた82空挺師団のツアージャケットだと予想がつきカナリテンションあがったのを覚えてます、一時はニセモノと言われ、更にはパッチはがされそうになったりとトンデモナイ目に遭わされそうになったM65を今ではとても大切にしてます。

実は写真には写ってませんがビアカンバッチも付いてました。


今は同じ感じで僕が仕立てたジャングルファティーグに付けてます。

皆さんも思い出の1着は大切にされてくださいね。


以上!サヨナラ((´∀`*))
  


Posted by jones at 21:44Comments(0)特殊部隊

2016年01月15日

ベトナム戦争における耳栓の大切さ。

こんばんは、jonesです。
今日は金曜日ですね、お勤めお疲れ様でした。
良い週末を過ごしください。

今日書くのは耳栓です、イヤープラグ、

ナム戦の米兵で耳栓のケースをサスペンダーに
つけてる人結構見ますよね。
何故なのか、という事を考察ですが書きたいと思います。
先ずヘリクルー、誘導員には必須です、

恐らくですが、ヘリのエンジン始動音を聞いたこと有るでしょうか?
キィィィイイイインととてつもなく頭に響く音がします。
実はこの音、めちゃくちゃ耳に悪いんです、聞き続けると本当に難聴になるくらいです、
なのでヘリクルー等は耳栓を携行していたのかなーと思います、それ以外でもメインローター(プロペラ)の音であんまり聞こえにくいんですがその中でエンジンの甲高い音は鳴り続けてるそうで、耳によくありません。なのでヘリクルーは耳栓を携行してるのかなーと思います、
そして、一般歩兵や特殊部隊、彼らが耳栓をしてるのも恐らく同じ理由かと思います、例えばアメリカ軍のUH1はカーゴドアを外した、又は開けっ放しの機体が多いように思います、なのでキャビン内はかなりうるさいと思います、同乗してるヘリクルーはパイロットヘルメットなりエアクルーヘルメットを装備してるので何ともない筈ですが、キャビン内の兵士はモロ聞こえしてると思います、
兵士が降下して耳がボーッとしているとどうもこうもなりません、正に危険です、命令も聞こえません。

特に空中機動戦が多かったベトナム戦争ではそう言った点がイヤープラグの装備率の高さに繋がったんだと思います、

まぁ、ただこれだけなんですが、やっぱヘリクルーはカッコイイですよね。え?パイロットの方がカッコイイだと!?
個人的には同乗してヘリと運命を共にする整備士がカッコイイと思いますね。
ドアガンナー装備も今年は集めたいです、

短い記事でしたが結構重要な事書いたつもりです笑

それではお疲れ様でした良い週末を(੭ु´͈ ᐜ `͈)੭ु⁾⁾  


Posted by jones at 22:31Comments(0)

2016年01月02日

XM61/37フラグマコード(曖昧)

こんばんは〜jonesです。



ほんとーーーーーに沼な記事を書きます。
先ず合ってるかどうかすらわかりません

この肩から掛けてるワイヤトラップらしきもの。
知る人ぞ知るXM37フラグマコードですね。
フラグマコードにかんしてはSOG本にもマトモに記載されてないみたいです。
そこで、これのスペック等を突き詰めて記事にすればめちゃくちゃSOG勢からウケるんじゃね?と思い
調子に乗って調べまくりましたが
ポーランド語のサイトからアメリカ軍の書籍?みたいなのを翻訳したのでうまく翻訳しきれていないところもあり、
使用方法等は
先に述べますが正直信ぴょう性は低いです。
ただ、スペックについては数値で出ておりますので
その辺はまだ信じて良いものかと思います。
XM37とXM61
調べたての頃は何が違うのか全くわかりませんでした。
XM61なの?37なの?
といったかんじでしたが違いが分かりました!!
おそらくフラグマコードをブログにまとめたのは日本人としては僕が初めてじゃないでしょうか!?

という長い前置きはもういいですね笑
本題に入っていきましょう!

XM37 Linear Anti-personnel mine(fragma cord)

XM37対人地雷は対人および軽装甲に対し使用します。
開発年 不明 ただし1967年までにフィールドテストは終了
直結は12.7mm
爆薬重量 1m/11.7g
破片筒(フラグメントリング)の長さ3.75㎝
各破片筒の間隔は2.54㎝
爆薬はヒドラジンとプラスチック爆薬の混合
特徴
本体が柔らかくある程度地形に沿った形で自由な形で設置できる
好きな長さで切り分けられる
でも上限は7.3m(なぜ??)
約6m以内であればタイムラグは発生せずに爆破可能。

トラップコードを使用しクレイモアとの連動も
可能
折り曲げはある程度可能だがポーチに入れれる程コンパクトにはならない、畳めない。
水に弱い、湿地等の使用は防水シートが必要
信管は電気信管のみの使用。


これがXM37のスペックです。
構造上折り畳むことが不可能なんですね。
なので彼は肩からかけてます。

そしてなによりこいつの弱点は水らしいです
何故かは記述されていませんでしたが
防水シートがどうのこうのと書かれていました
以上の点をまとめますと

彼(ジョン・ギプサム)の装備の謎が解けてきます





このフラグメントコードはクレイモアの死角を補うように使用する事を目的ともしていたようで
ホーチミンの道と翻訳で出てきたところや
使用例の説明から察するに対ホーチミントレイル用だったのでは無いでしょうか?

クレイモア→)道 道 道
フラグメントコード →-------------
こういう風に使うと正面からクレイモア、側面からもフラグメントコードで攻撃可能です。

こうして敵の隊列を効果的に攻撃するのが目的だったようでもしこれが本当ならばジョン・ギプサムの装備は納得がいきます、
クレイモアに防水シート、XM37、トラップコード
まさにこの作戦に必要な装備だと言えます。

どうでしょう?これが僕の調べたXM37です。
でも本当に曖昧な記述や上手く翻訳出来てないところ、意味不明な記述があったり、途中米軍の資料?も意味な事が多く書かれていたので完璧にはわかりません。
信ぴょう性は低いものの装備と照らし合わせると納得がいきます。

続いてXM61です
よくアメリカのサイトではごっちゃにされてましたが違うものだという事がわかりました。


これがXM61フラグマコードです。
このフラグマコードはXM37の改良型になります。

スペック

開発年1968年には完成

直径は11.1mm
爆薬重量1m/21.2g
フラグメントリングの長さ3.75㎝
フラグメントリングの間隔 5.45㎝
炸薬 不明
信管は電気信管のみ

特徴 直径15㎝まで巻く事が可能、爆薬のなかではトップクラスの耐水性。
XM37に比べ爆破範囲の向上

画像を見比べれば分かるのですがXM37に比べて
リング間の間隔が広くなっています。
これはXM37よりも炸薬の能力が向上したため
間隔を広げても効果は向上していたからです
そして間隔が広くなったXM37よりも曲げる事が可能になりました。
その結果使用範囲が広がり、電柱や建物の柱など様々な箇所への設置が可能になりましたが1968年にはその必要性が薄れつつあり
実際に使用された記録はのこっていないそうです
謎多き兵器、
XM61/37 フラグマコードですが少しは分かったのではないでしょうか?

非常に信ぴょう性はひくいのでニュアンスとして覚えて頂けたらな〜〜と思います。

また新たなことが分かったら記事にします。

おやすみなさい(_ _,)/~~


  


Posted by jones at 02:18Comments(0)

2016年01月01日

あけましておめでとうございます!!

あけましておめでとうございます!
jonesです。

一年の計は元旦にあり

と言いますね。
今年のやりたい装備でも書きます。

先ずは モンタニヤード です!
もうこれはながせさんに影響されてCISOユニフォーム買っちゃいましたw

ただヤードやるだけじゃ面白くないので彼の装備を再現してみたいなーと思ってます。


続いて

またまたRT New Yorkになるんですが
この肩から掛けてるXM61フラグマコードを作ろうかなーと思ってます。
これ出来たら凄いんですよ!
出来るかどうか知りませんが笑


んでまぁ、できりゃ良いかって感じのはこの黒染めファティーグです。
黒染めファティーグにカーキレギンス、HサスのSOGはたまらなくカッコイイ...

でも...
んーーーどーしてもほしー!!!
のはやっぱりシングルポイントですかね。
今年出会えたら良いなぁ...


と、まぁこんな感じで行けたらいいなぁと思ってます。
今年もミリログよろしくお願いいたします。
今年は内容は狭く、深くをモットーに頑張りたいと思ってます。

よろしくです。
  


Posted by jones at 21:50Comments(0)