2016年03月21日

CISOユニフォーム (EA製)

こんにちはー!jonesです!
巷で話題のCISOユニフォーム。
ヤード教とか言う闇の組織が布教し広まりました。
そのヤード教の教祖様こそ偉大なる"ながせ"さん

グリーンベレー(私)の右の方です。
ながせさん曰くこの上がカーキ、下がグリーンの着こなし方が至高らしくこの着こなしが大流行し

去年のフォレストユニオンがSOGリーコンのモンタニヤードに制圧されたのは有名なお話。

この上下ちぐはぐの着こなしに火をつけた画像↑
しかし去年EA社からモデルアップされたのは
上下ともグリーンのCISOユニフォーム
日本未発売だったのが上下ともにカーキのユニフォーム
ながせさんを初めとするリーコンは次々とこのカーキユニフォームとグリーンユニフォームを両方買い(カーキユニフォームに関しては日本未発売)
ちぐはぐにしアホカリとフォレストユニオンに臨み画像をFacebookにアップするやいなやEA社がトンでもなく感動しEA社が今春上下ちぐはぐのヤードユニフォームを発売するまでになりました。


↑その画像です。
と、ココまではヤード教のCMです。

ココからが本題。
これだけ上下ちぐはぐをリスペクトして今日紹介しますのは上下グリーンのバージョンです。なぜかと言いますと

僕がやりたかったヤード装備がこの人でして
この人の服は上下共にグリーンのユニフォームですので大人しくこちらを購入致しました。

届いたのがコレ!
毎度毎度このEA!のタグが高級レプである事を感じさせてくれてます。
ベンベイカーさんも驚きの高品質。

そしてこの人の装備を僕なりに解析してみました。

だいたいこんな感じかな〜と言う事で
早速再現。

こうなりました。
この人の特徴はやはりラッパのフラッシュハイダーかと思います。
この人の後ろの人も多分CISOユニフォーム着てるのでやってみました。
わかる人にはわかるかな...



最初はヤードくらいしか使い道無いと思ってたんですが...


実は"後ろの人"もそうですがアメリカ兵の使用例も有るのであくまでアメリカ兵っぽく着こなしてみました。
ヤード装備は落ち着いた感じで、アメリカ兵として着る場合は装備を派手に盛ってみるといいと思います。
最近はカスタムファティーグより着る回数が増えた気がします。
使えるシーンはファティーグほど広くないですが欲しい方は無くなる前に購入される事をオススメします!
以上終わります!(・ω・)ノ  


Posted by jones at 17:58Comments(0)

2016年03月20日

M72A2 LAW (Light-Anti tank-Weapon)

こんにちは〜jonesです。
以前手に入れたM72A2の画像を只々貼るだけの記事です。

M72A2をご存知の方も多いかと思います。
1960年代に先行生産型のM72が登場してから推進薬と外装の改良でM72A1&A2がベトナム戦争後半から米軍、ベトナム陸軍に配備され始めました。
ケサン基地攻防戦でも北ベトナム軍のPT-76装甲車をボコボコにしたのもM72です。

上が初期型のM72で下が改良型のM72A1/A2
A1とA2の違いは中身らしいのでぶっちゃけ見ただけではわからないそうです。
M72の初期型の特徴は発射機構が大きいのと大きく赤い注意書きが書かれている所です。

M72A1以降はこのように


マーキングは大人しくなっています。
このM72やはり沢山使われてるのでディープファイヤやアリイがモデルアップしてます。
アリイのは絶版らしいですがディープファイヤはたまにヤフオクとかに出てますね!

僕のは射ち殻のM72なんですがドウデモイイ人からすればただのゴミを何に使うかと言いますと

装備に組み込むんですよ!
この素敵なワンポイント!

どうですか!
強そうでしょ?笑笑

(僕の超レアSEAL装備)
肩掛けにしても良し!

フタに挟んでも良し!
(カッコいいし75レンジャーでも良くやってるんですがそこら中にガシガシぶつかって壊れそうなのでオススメしません。僕はベランダでママの肩に思いっきりぶつけて半殺しにされました。)

こうやってトロピカルラックサックの横に縛り付けると◎です。

主に75レンジャーが良く装備してますね。
ベトナム軍のバンカーや装甲車を破壊するためだと思います。


M72は登場した時点で戦車に使えるかと言われればビミョーな奴でしたが
軽装甲、対人、市街地での建物に立て籠もった敵等に対しては扱いやすさもあってカナリ有効な手段で
ベトナム戦争〜イラク戦争まで使用されています。
M72ーM72E10まで存在するらしいです
この伸縮式のロケットランチャーの発想は画期的で

ソ連のRPG-27

やユーゴのゾーリャM80なんかもマネしてます。
正に大ベストセラーロケットランチャー先生ですね。

この大ベストセラーロケットランチャー先生はたまにヤフオクとかで出てますので欲しい方は要チェックです!

では!((´∀`*))ノ
  
タグ :M72ナム戦


Posted by jones at 14:27Comments(2)

2016年03月19日

ナム戦装備レプリカ その2


こんにちは!jonesです!
お約束のナム戦装備レプリカ その2 ミッチェルパターンヘルメットカバーをレビューしていきたいと思います!
結構一般歩兵装備で躓くのはヘルメット&ヘルメットカバーじゃないですかね??
ヘルメットはレプリカがミリタリーショップS&Gさんから出てますね!しかしヘルメットカバーが...
という方も多かった筈です。
そんな中つい最近あの中田商店さんからミッチェルパターンヘルメットカバーが出ました!
どういう気の迷いかはわかりませんがナム戦ユーザーからすればカナリ嬉しい事ですよねー!
1発目の画像もそうですが左側が中田商店製です。

出来が良いですね!

下が中田製
少し生地が粗いですね。
でも色合いや縁のステッチまで良く再現されてます!
続いて裏側

左側が中田製
全然良いと思います。

しかもスタンプ付き!

このヘルメットカバーは初期型の足が短いタイプをモデルにしてるみたいですね。
なのでヘルメットに装着する際はチンストラップの為に穴を開ける必要が有りますがレプリカですので抵抗なく開けれますね!
最初に生地が粗いと言いましたがひょっとしたら初期型のツイル生地が粗いのかもしれません
資料不足ですみません(⌒-⌒; )

なんせ最大の特徴はお値段かもしれません。2500円+税
安い...今までのヘルメットカバーは3500円くらいしてたのに!

ナム戦歩兵を始めようという方!実物ではやりにくい落書きも抵抗なく出来る良い物だと思います!
はっきり言ってアリでしか無いと思います!

それでは!((´∀`*))  


Posted by jones at 15:04Comments(0)

2016年03月17日

ナム戦 装備レプリカ その1

書きたい事山々なjonesです!
ナム戦レプリカについて書いて行きます!
今回はその1という事で中田商店製の1stパターンジャングルファティーグについて書いて行きたいと思います♪


ナム戦と言えばジャングルファティーグですよね!
僕は1stパターンを追い続けているのですが手に入らないのでとりあえずレプリカを買いました。

全部レプリカでデコって行きましょう!

コレです!
最初は全く何も付いていないプレーンな状態でしたがMACV仕様にする為にパッチを貼りました!
コレをバチバチにカスタムします...

続いてはコレを付けます!
ベトナム共和国陸軍大尉の階級章です。
軍事顧問は指導する南ベトナム軍から階級章をわかりやすく見てもらうために自分の階級と同じベトナム軍の階級章をつけている人がいます。

続いてはレンジャーパッチを貼りましょうと思ったのですがただ貼るのは面白く無いので自作ハンガーパッチにしようと思います。
ハンガーパッチって?
ハンガーパッチは胸のポケットのボタンを使って吊るす少し特殊なパッチです。

ビニールと革を使って自作します。

完成!
どうでしょう??中々の出来ではないでしょうか!
((´∀`*))

南ベトナムのレンジャー章もそのままでは味気ないので赤いフェルトで土台を作ります。

こうして...

切って

どやっ!

普通に貼るよりこっちの方がカッコいい!
南ベトナム軍のカオスな感じが凝縮されてる気がします。

これをファティーグに貼ると...

この様な感じになります!
ぜーんぶレプリカでココまで出来ちゃうんです!
しかもレンジャーアドバイザーのファティーグが出来るんですからよっぽどでない限りは再現出来るという事です!


ナム戦後期のサブデュートで固められたファティーグも良いですがこう言う古い形の物も1着は有っても良いかなと思います!
服の本体は質も見た目もレプリカで4000円弱と考えると良いと思います!
次回レプリカ第二弾はヘルメットカバーです!

ではさよなら!((´∀`*))ノ  


Posted by jones at 13:41Comments(0)

2016年03月17日

ポラロイド社製 赤レンズ (実物)

お疲れ様です!
jonesです!

レイダースでも登場した赤レンズについて
実物が出てきたのでレビューしていきます!

そもそも出てきたってなに!?
ってなると思いますが「発掘」しました。

ある日僕はいつものように軍装品をいじっていました。
そしてダストゴーグルのラバーを手入れしようと思い3つあったダストゴーグルを持って部屋に帰りました..
何か若干重たい箱が...重た...重く無い?
開けて見ると
中のスペアレンズケースが若干他のより分厚いんですよね。
何か多く入ってんのかな?
と思って出してみると...

ウソだろおおおおおおおおおおおおお!!!
ホンマもんのポラロイド社製赤レンズじゃねぇか...
こいつに出会えるとは....

状態こそ若干悪かったですが本物のレンズという事でテンションが上がり早速ゴーグルに装着

おおお!!!
この色!とてもリアル
コレが本物の色...
早速かけてみると...レイダースも見たであろう光景が!世界が真っ赤に!
光が...世界が...なんて説明して良いかわかりませんが光線の様に光源が1発でわかる...ホントに影と光を見分けやすいです。
そんな気がします笑

恐らくですがこのゴーグルの持ち主戦車兵か車両操縦者だと思います。理由としては
一般的にはグリーンレンズやイエローレンズ、スモークレンズなのですが戦車兵や車両操縦者には夜間の走行用、曳光弾射撃時の弾道確認用に限定支給されていたからです。

それにしても良いものを見つけました笑
GAU-5も完成しそうですので日本初の完璧なレイダースの再現ができそうです。

では((´∀`*))ノ


  


Posted by jones at 12:15Comments(0)

2016年03月16日

ソンタイレイダース 装備編 さいげんしてみました。

お疲れ様です!
ソンタイ記事如何でしたでしょうか!?

またまたソンタイ記事で失礼します笑


グリーンリーフやリテェェって思った人いませんか?笑
普通はブルーボーイ目指しますよね笑
いやいや!ソンタイ装備やるならグリーンリーフオススメします!
なぜかって?

グリーンリーフの装備がかなり普通なんですよ!

ブルーボーイはE&Eリュックが鬼門で
レッドワインは写真が無さ過ぎて装備の詳細が不明。そんなに難しい事も無いんだけどM16A1使えたり装備が有りあわせなグリーンリーフに惚れたんでグリーンリーフをオススメします!


CAR-15 (GAU-5/A) 14
M16A1 2
M79 2
M60 2
M37 (duck-bill) 1
M1911A1 16
M72A2 12
V40 17
M67 20
Mk.3A1 50
クレイモア 6
7.62mm beltlink 3000 (box)
シングルポイント 16

C-4
14㎏ 2
5㎏ 2
2㎏ 1

装備

リュックサック 5
マチェット 5
チェーンソー 1
カッティングトーチ 1
バトンライト 2
誘導ランタン 7
カメラ(SOGと同じ奴)1
ボルトカッター 1
ワイヤーカッター 3
照明 10
PRT-4 9
PRC-41 1
PRC-90 全員
PRC-77 5
ヘッドセット 1
腕時計 全員
ペンフレア 全員
アビエイターグローブ 全員
M1944ゴーグル 全員
サバイバルキット 全員
レンザティックコンパス全員
ストロボライト 全員
ヘッドランプ 全員
イヤープラグ 全員
フィールドキャップ 全員
メガホン 2
IRスポットライト 2
IRストロボライトカバー 2

腰回りのベースはレイダースで統制になってますので武器やアクセサリーをこちらから必要なものを装備していきましょう!

服に関しては新品が好ましいので中田商店のレプリカがありますのでそちらを使うかデットストックを使いましょう。


と言葉で説明してもパッとしないと思いますので
ぼくが再現した装備をどうぞ!
参考にしてくださいね!

基本的に皆んな色々細かく役割分担されていました。
ドア破壊はお前で突入するのはお前で〜みたいな感じです。
僕が再現しているのは戦闘要員という事で何も無いです。シンプルな装備です。

何も無さすぎるのもおもしろくないのでM72を持ってます。
米軍の斧とか最中からたすき掛けにしてるのも面白いですね。

トロピカルラックサックある方は是非背負ってくださいね!
その時は外側は基本的にデコらないスタイルでいきましょう!ロープとかキャンティーン吊るしたい気持ちはわかりますがせめてオフェンシブグレネードくらいにしましょう。

続いては
RTOです。
デカイ無線機背負ったRTOは6名いまして
PRC-41が1名と
PRC-77が5名居ますこの中にグリーンリーフ...レイダースに1名しか居ないH-161を装備した人が居ます。

こんなのやりたくなるに決まってるじゃないっすか!
あくまで想像でしかありませんが装備を装着してみました

こうして

こうなって

こうだ!(`・ω・´)

こうなります。

どうでしょうか??

多分グリーンリーフのチームリーダーが装備してたと思うんですよね。

サイモンズ大佐→チームリーダー→各PRC-77→PRT-4
こんな感じです。
各PRCのコールサインも知りたくなりますね!ヽ(´o`;

M16の持ってる人とかM79持ってる人とか様々で面白いです!
一番面白いのはM37のガンナーですかね((´∀`*))
チームに1人だけ居ると超かっこいい!

しかもダックビルハイダーですからね!


皆さんも是非グリーンリーフをやってみてください!

では!((´∀`*))

  


Posted by jones at 20:56Comments(2)

2016年03月16日

ソンタイレイダース 歴史編 最終章

あらすじ
チェリー01に先導された突入部隊は北ベトナム軍の対空警戒網をなんとか突破しレイダースを乗せた3機のヘリは突入態勢に入る。

果たしてレイダースの運命は!


おさらい♪

グリーンリーフ

20名
コマンドチーム
サイモンズ大佐の直接指揮下


ブルーボーイ

14名
アサルトチーム
チームリーダー メドウズ大尉


レッドワイン

22名
サポートチーム
レイダース指揮官 エリオット中佐指揮下


航空機

チェリー01〜02
C-130E コンバットタロン

ターゲット探照、空中コマンド

アップル01〜05
HH-53E スーパージョリー

アップル01 グリーンリーフが搭乗
アップル02 レッドワインが搭乗
アップル03 ガンシップ
アップル04〜05救出した捕虜の搭乗用

バナナ
HH-3E ジョリーグリーン

ブルーボーイが搭乗

ピーチ 01〜05
A1-Eスカイレイダー

直接対地支援

ライム 01〜02
HC-130 ハーキュリーズ
タイ〜ラオス間の空中給油



ファイヤーバード01〜05
F-105 サンダーチーフ "ワイルドヴィーゼルⅢ"

対地支援、地対空ミサイル(ガイドライン)の専門的攻撃、撤退支援

ファルコン 01〜05 11〜15
F-4D ファントムⅡ

対ミグ戦闘、空中警戒

レイダースはアップル03の機銃掃射と共に襲撃を開始した。



〜ブルーボーイ〜

2時19分 ブルーボーイのメンバー14名を載せたバナナは高い木々が有るにも関わらず訓練時より急な角度で降下しました。そしてソンタイ捕虜収容所にハードランディングします かなり急だったようで機体はその後炎上しています。
降着後メドウズ大尉の指揮の下で迅速に制圧が開始されました。

〜グリーンリーフ〜
2時19分 ブルーボーイが捕虜収容所にハードランディングし炎上した機体を見たアップル01のパイロットはその場所が捕虜収容所であると判断し敵の後続部隊及び増援を駆逐すべく兵舎地区を攻撃する為に兵舎地区を探しますが近辺にそれらしき物は確認出来ませんでしたが超怪しくてはなから疑われまくっていた中学校の南側に降着します。
実際にその中学校は兵舎として利用されており
降着しグリーンリーフが展開した直後
壮絶な銃撃戦が始まります。
その銃撃戦を目視したピーチ03は中学校近くの橋に接近する敵部隊を確認しピーチ03-04がWP(白燐弾)を使用し橋を破壊します。

グリーンリーフの銃撃戦は8分間に渡って続きました。サイモンズ大佐は中学校に存在していた敵の数を100〜200名と予想しそれを全滅させたと判断しました。

〜レッドワイン〜
2時20分アップル02はアップル01が降着しグリーンリーフが敵増援の阻止の為に展開したのでグリーンリーフが不在時のコンティンジェンシープラン(緊急プラン)に変更しレッドワインは0220にブルーボーイに続く形で収容所に降着します。
レッドワインはチームが収容所外に着陸した時のプランを開始します。



このころ上空ではチェリー02が本格的なNVAの反抗がそろそろ始まる事を予想しピーチ01-02を呼び出し付近の幹線道路の交差点に対しナパーム2発フレア、ロケット弾を発射する事を命じます。
この行為はターゲット領域を偽装する事でソンタイ捕虜収容所へ増援部隊の到着を遅延させる事を目的とした行為でした。
またチェリー02は北ベトナム軍の通信妨害を成功させます


〜グリーンリーフ移動中〜


その間ブルーボーイとレッドワインは収容所内を捜索、資料を片っ端からリュックに詰め各ポイントを抑えていきます。



その後グリーンリーフはブルーボーイ、レッドワインと合流。



「捕虜が居ない..だと!?」

ブルーボーイ、レッドワインは収容所を完全に制圧しメドウズ大尉以下のブルーボーイは捕虜を見つける事が出来ないまま グリーンリーフ、ブルーボーイ、レッドワインの3チームで2回に渡る捜索を実施しますが発見できませんでした。




メドウズ大尉は捕虜は存在しないと判断しコマンド群に対し失敗時のコード"negative item"を送信します。

これを受けてレイダースはLZ(ランディングゾーン 降着ポイント)を開設すべく
収容所南側の送電施設を破壊、僅かにのこった敵兵を掃討、周辺をブラックアウトし、索敵、全てを完了します。
ここでビーンバックライト

が登場するみたいですね!IR加工されているので敵に暴露しないんですね。
カッコエエ...
なんと必要最低限のLZ開設までにかかった時間、約3分らしいです。
さすがプロ集団。

2時29分ピーチから収容所に接近する車列ありとの報告を受けたレイダースはレッドワインから数名を抽出し撃破に向かわせます。
レッドワインのメンバーはM72を2発発射し戦闘車両を撃破車列を止めました。
レイダースはLZを完全に確保しましたが
その頃には各対空戦闘指揮所が機能し始めており中空の部隊は攻撃に晒されつつありました。


〜空中部隊〜
2時28分 チェリー02の電子戦オペレーターは地対空ミサイルサイトの管制レーダーが起動したことを確認し全ファイヤーバードを呼び出し警告を発信します。
各ファイヤーバードは地対空ミサイル(以下ガイドライン)発射サイトを発見し攻撃します。
2時35分 ガイドラインが発射されます。

対ガイドラインのプロ達は華麗に発射されてくるミサイルをかわしたりしながら攻撃します最大で35発が向かってきたそうです。
しかし隙をつかれ1機に命中してしまいます。
墜落こそしなかったもののその機体は燃料に引火し帰還を余儀なくされました。

チェリー02的にはいつミグが飛んできてもおかしくないと思ってたのですがいつまで経ってもレーダーにも無線機にも反応がありません。

ちょうどその頃北ベトナム空軍の基地は情報不足で
大混乱。ミグを飛ばして良いかすらわからないと言う...連日の訓練や飲み会で皆んなキてたんでしょうね。←


〜地上部隊〜
航空部隊が敵地のど真ん中で戦う中地上部隊は抽出を要請しますが、ガイドラインの猛攻に加え対空機関砲弾が飛び交う中LZには近づけずにいました。アップル01は単独でレイダースの元へ向かいます。アップル01は2時37分にレイダースの一部を載せ離陸します。
それに続きアップル02も着陸、残りのレイダースを搭載し2時48分に離陸します。
アップル03は対地攻撃支援をしつつ他のヘリを援護します。
アップ03が最後に離陸した機体になりました。

その後味方のF-105をミグと間違えたアップ03は緊急信号を発信します。これに対しチェリー02はそれがミグでは無いと全機に発信しましたが、その後ミサイルまで発射された為に焦ったF-105やスカイレイダーは離脱のために搭載兵器を全て破棄してしまいました。
後になってわかった事はこのミグは味方のF-105のどれかで発射されたミサイルも山腹に向けて発射したものでした。

3時15分、全作戦機は北ベトナム領空から離脱し
ライム02の空中給油の下で
4時28分にウドン基地へ到着しました。

ー作戦終了ー

結果は作戦失敗です。

損害ブルーボーイ 1名 負傷
レッドワイン 1名 負傷
HH-3E墜落
F-105 大破

敵損害 収容所警備兵42名殺害
収容所外200〜300名殺害
車両複数 撃破
国籍不明兵士数名殺害

お疲れ様でした。

作戦は失敗になりますが
計画的な作戦によりわずか30分という時間で的勢力内の収容所をヘリコプターを使用し夜間に急襲、制圧、即座に離脱すると言うのは当時の米軍としては初の試みであり犠牲者が出る事は間違いないと思われていました。
それに隊員の取り残しも懸念されていました。
しかし捕虜がおらず作戦が予想外の失敗をしたにもかかわらず完璧な動作で3分でLZを開設しスムーズに撤退出来たのは彼らのプロ意識や訓練がモノを言わせたという事です。
もし捕虜が居たら完璧な成功だったに違いありません。
米国内では作戦の失敗でニクソン大統領が袋叩きにされ、メドウズ大尉もこの報復で捕虜が虐殺される事を恐れましたが、全くそのような事は無く、北ベトナムからすれば自分の国内のほぼ中央に音もなく接近してきた敵に急襲された事はかなりのショックでハノイに有る中央収容所(ハノイヒルトン)ではこの事を受けて捕虜の虐待を止めさせ本国の家族や友人との手紙のやり取り、食事をちゃんと出すなどと言った事が行われました。
何より大きかったのは捕虜の士気が上がった事だそうです。ハノイヒルトンの米軍は自分たちにはアメリカ政府が付いているという事を再認識したようです。

実は失敗だの何だのと叩かれていましたが米軍的には成功でもありました。
全てが初めて尽くしだったアイボリーコースト作戦が1人の死者も出さずに成功出来たのは米軍としてのスキルがかなり上がり、膨大な訓練データを得る事が出来ました。
この作戦で得れたデータは後のイーグルクロー作戦や(失敗しますが)モガディシュの戦い、アイボリーコースト作戦に最も近く、最も有名と言えばナム戦を知らない方でも知ってる「ネプチューン・スピアー作戦」ビンラディン襲撃作戦ですかね。
これは映画「ゼロダークサーティー」にもなりましたが作戦の感じがアイボリーコースト作戦にそっくりなんですよね。
この記事を読んで頂いた方には是非見ていただきたい作品になっております。

このような作戦の先駆者となったアイボリーコースト作戦は決して無駄では無かったと思います。



所でですが作戦参加機体にもこんな事が行われています。

チェリー01事C-130E 64-0523機 はMC-130Eに企画変更され第7特殊作戦群において特殊作戦群飛行隊で訓練に参加し続け1994年に移動しニューメキシコのカードランド空軍基地の第58特殊作戦群トレーニング部隊の訓練機体になり1997年3月にキャノン空軍基地の展示機体となりました。

アップル01事 HH-53 68-10357機はMH-53Mに企画変更され最終的にはボスニアやイラクで作戦支援機体となり5リンゴブラザーの中で最も長生きしソンタイ襲撃から38年後の2012年に退役しました。
アップル01に会いたい方はオハイオ州のデイトンにある国立博物館(National Museum of the United States Air Force)の冷戦コーナーに展示されているそうです!

調べてみるといました!彼が68-10357番機アップル01です。

グリーンリーフに思いを馳せてみては如何でしょうか?
時間のある方はオハイオ州へ行ってみてはどうでしょうか?

ライム02 HC-130ハーキュリーズ 66-0212機もその後MC-130Pに企画変更されモフェットデュラル空軍基地の第130レスキュー隊に使用されカリフォルニア空軍州兵と訓練を続けました。
将来はモフェットデュラル空軍基地の門傍に配置される予定だそうです。


この作戦記事を読んで頂きありがとうございました。
これにてソンタイレイダース最終章を終わらせて頂きます。
本当にありがとうございました!!



  


Posted by jones at 18:12Comments(1)