2015年09月22日

タイガーストライプを着てみよう!

こんばんは!
じょーんずです!
タイガーストライプを着てみよう!
と言うことで
前のブログでもこんな記事を書いた気がします。

さ、本題に入ります。
ベトナム戦争と言えばタイガーストライプだ!
と思われる方も少なからずいるはずです!
しかし!
どんなタイガーストライプのパターンが使われたの?
セ◯ラーのレプリカは大丈夫なの?
とか、ぼくもしりません。
ただ、これなら大丈夫ってのはあります。
EA社のタイガーストライプはベトナム戦争モデルなので高いですが全然アリだと思いますよ。
あと、持ってないのでしらないですがセ◯ラー製のタイガーストライプもOKらしいです。
あとはリアル◯ッコイのも大丈夫だと思います。
ただリアル◯ッコイのはEAより遥かに高いです。
出来としてはとても良い印象をうけます。
そして軽くパターンの説明をします

これなら大丈夫!ナム戦で使えるタイガーストライプのパターン。

ADSパターン (ゴールドタイガー)

TDSパターン (シルバータイガー)

VMDパターン (南べ海兵隊パターン)

LLDパターン (レイトウォーター)

JWDパターン (ジョンウェイン)

思いついたのはこれくらいです。
これらのパターンはベトナム戦争でも良く見られる方かと思われます。
パターンの画像はありませんが
初めて見られる方は殆ど同じに見えるとおもわれますがパターンに見分けが付くようになると
ニセモノをつかまされなくて済むようになります。
実物!
とか書かれたものでネットオークション等で出回っている物の中には全くのニセモノがあったりするのでネットショップのレプリカか妥当かとおもわれます。

で、肝心な所ですが
某書籍によるとタイガーストライプは着心地が悪く、濡れると重くなるので結構最悪だったようです。
あ、この事じゃなくて。
タイガーストライプはほとんどの場合
上下で揃うことは無かったようで、もちろん帽子など良く消耗する物は余計に違うパターンだったようです。
と言う事を目にしたので実際にしてみました。

LRRPを想定して装備を組んでみました








LRRPと言うことでタイガーストライプにBARマガジンベルトにしています、ラックサックはもちろんLRRPリュック。そして所々古い装備を交えて即席感を出してます(やかましい

服装については
上はEA社のタイガーストライプ TDSパターン
(シルバータイガー)
下はリアルマッコイ製のJWDパターン(ジョンウェイン)です。
実際上下で同じなのに違うパターンの迷彩を着ると気持ち悪いかなーとか思いましたが想像以上にマトモで自分的にはOKです。

初めてタイガーストライプを買われる方には芝居が高すぎるかもしれませんが、余裕があればしてみて下さい。
セスラータイガーで上はブルータイガー、下はブラックタイガー、そして両方色を落として色調を変えてから着てみるのもいいのかもしれませんね!

こんなかんじでどうですかね。
史実がどうだかわかりませんが
それに近くなるように再現するのはおもしろいです。
もし何かこんなのもあるんやで〜
的なのがあればジャンジャンコメントして下さい
おまちしてます。


この記事へのコメント
Doctor Who is now considered a British Institute and has come a long way since it first aired on November 23rd 1963. The very first show saw the Doctor travel 100,00 years into the past to help some dim cavemen discover light. After 26 seasons and seven Doctors later the series came off our screens in 1989 much to the disappointment of the huge devoted fanbase. In 1996 an attempt was made to revive Doctor Who but it wasnt until June 2005 when it came back with a vengeance with Christopher Eccleston as the ninth Doctor that put the series back on the map as it were. It then went on for 5 years with David Tenant portraying the Doctor until 2010 when Matt Smith took over the role. Today it is still a great family show and has attracted many new fans.

If youre a new or old fan of the show there are Tours and museums you can go and see some of the locations and memorabilia of this classic show. The Doctor Who Tour of London will take you on over 15 locations from the show, some from the new series and some from old sites like the location of The Invasion and Resurrection of the Darleks. The tour also takes you to the TV museum in London where you will get to see some of the cosumes worn in the show and props used. Also you can buy gifts and memorabilia from the shop.

You will learn all about how the shows were made so the tour is also educational. If you want to take pictures of the locations thats not a problem. Remember the front door of 10 Downing Street in Aliens of London? Well you can get up and close to this and get your picture taken in front of the door. Rose Tyler fans will love the tour as you get to drop by her home in the show.

Why not go that extra mile and actually meet a Doctor Who star. Well this is possible with private or group tours. You will get the general tour but included will be a pre-arranged meeting or lunch with a celebrity from the show. This will obviously depend on availability of the celebrity and the cost will reflect the popularity of that celebrity.

There are tours in London and also Wales. The Wales tours take you to Cardiff where you will see lots of location which were featured in shows since 2005. You can leave from London or at Leigh Delamere services station on the M4. There is a Doctor Who exhibition in Cardiff which you get to see. At the end of the Doctor Who tour you get a souvenir group picture sent you by email which is a nice touch.

For seriously devoted Doctor Who fans there is a 3 day tour which takes you to all the locations in both London and Cardiff. You will see locations from the past 45 years as well as recent sites from the lasted Doctor Who series. Day one is based in London where you get to see 15 sites. Day two takes you to Cardiff where you get to mean the real life owner of the to see we have an Gothic property used as the location of the school in Human Nature. The final day is partly spent in Cardiff with a walking tour at Cardiff Bay, then you head back to London but a stop at Stonehenge to see the site of the Pandoica. Then its dinner at The Cloven Hoof pub in Devils End b efore you taken back to central London.

 
Posted by Terryedgef at 2017年10月03日 09:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。