2017年04月07日

フライトグローブ GS/FRP-1 について

こんばんは!
今日は地上部隊で使用されたGS/FRPグローブについて考察します。
GS/FRP-系のグローブは湾岸、初期アフ等でも人気がありますしBHDやソンタイレイダースが使用していた事から特殊部隊が使用すると言ったようなイメージも有ります。
ナム戦メインの記事ですが早速考察していきます。
SOGやレンジャーでも使用例の有るフライトグローブですが果たしていつ頃に生産されたのか...と言う事で装備を組む際に非常に気にしておりました。
現物が手に入ったので調べる気になり調べてみました。



今回手に入ったのは1969年予算で生産された
GS/FRP-1 グローブです。

左からGS/FRP-1 GS/FRP-2 GS/FRP-2TA
になります。
GS/FRP-1 の革は白っぽい物もあるのですが
今回買った個体は割とグレーでした
しかしアラミド部分のグリーンがOD系でとてもかっこいいですよね!

さて本題に移ります。
このフライトグローブいつから生産されていたのだろうと割と昔から気になり続けていまして
調べてみました
結果
「不明」
ええええええええええ...
ってかGS/FRPって「グローブ サマー フライト....」的なものだと思ってたのに
GS/FRP-1 っていうフライトカバーオールも有るし
GS/FRP-2(グローブ)よりも先にGS/FRP-4って言うフライトカバーオールも出てるし
もうわけわからなすぎて混乱です。

あるアメリカのサイトでは「旧型(FRP-1 )は70年になってようやく若干数が確認出来る」との事です。
もし1969年予算品が1stロットで
1970年から徐々に生産されて前線に送られたとしますと1973年には撤退してしまう在ベトナム米軍の陸軍がつかうとなりますと
ナム戦での使用はかなり局限されますし
そもそもフライトグローブであり
航空機搭乗員や従事者の装備なのでソンタイのような特殊作戦で無い限りは微妙なのでしょうか?
まあなんやかんや言いつつSOG装備で使わせて頂くのですが( ̄∇ ̄)

もし1stロットなんかの詳細をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいです。
XM37/61フラグマコードよりも情報数が少ない...気がします。

今日はこの辺で...( ̄◇ ̄;)ノ


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。