2016年12月25日

オキナワブーツ..君の名は?

こんばんはー
クリスマスナイトなのでブーツについて(また)
今回は実オキナワブーツを手に入れたので彼についてです!

なんてったって実物ですからね!
しかと8 1/2 Eと言うチョーーーージャストサイズ!
マジで今年最高のコレクションです!

製造年は1950年1月14日です

ソールはグッドイヤーソールです( ✌︎'ω')✌︎

ベントアイレットはジャングルブーツと違いまだただのアイレットです

CLASSIFIEDさんで販売しているオキナワブーツと比較!
いつかやってみたかったんです!

...
え、出来よすぎじゃないですか?
奥(左)がレプリカですが
実にヒケを取らないだと!?
素晴らしいとしか言い様がありませんヽ(;▽;)

(下がレプリカの靴紐)ただレプリカは紐が長くてモッサリしていて目が荒いのとワイドサイズのみなのが悲しいです...

レビューはこのへんで

最後にヒストリー書いてシメたいと思います!
流行りに乗ってお題にました「君の名は?」
オキナワブーツの正式名称知ってられる方いらっしゃいますか?...
オキナワブーツは1945年に開発されたトロピカルブーツで正式名称は
"Boots combat tropical M1945"
と言います。
M1945はジャングルブーツM1942を更新すべく生産されましたが太平洋を支配した米軍はもうジャングルブーツに興味は無くなっていました...
そんな倦怠期に開発が完了したM1945はオキナワに大量集積され東南アジアに派遣されるアドバイザー"MAAG"にちょくちょく支給され「オキナワブーツ」の愛称で親しまれました。
トロピカルブーツの事なんてほぼ忘れかけていたアメリカ軍はM1948サービスブーツを開発しダブルバックルブーツを陳腐化してもなおオールドスタイルのM1945を1950年代末まで生産していました。
しかしいつまでもこんなブーツでいいわけもなく1960年初頭には Boots combat tropical 通称ジャングルブーツが登場し次第に姿を消していきましたが生産されてから約20年間、唯一の熱帯用コンバットブーツとしてアドバイザー達の足元を守って居ましたとさ...
おしまい♪

いかがでしたでしょうか?
オキナワブーツについてわかりやすかったですかね?σ(^_^;)

簡潔に言うと「最高って事です」

それでは!メリークリスマス♪

  


Posted by jones at 01:31Comments(0)

2016年12月23日

ジャングルブーツのヒミツ


ナム戦装備に拘る皆さんこんにちは!
いきなりですが...
ナム戦ロットのジャングルブーツを見分けるにはスタンピングが見えればそれで良いのですが他にはカカト部分に縫い目がある無い
と言ったのを基準にしてたと思います。

何年のロットからカカトの縫い目が無くなったかご存知でしょうか?80年?80年後半?
と言う内容ですので今後ブーツ購入の際に参考にして頂ければと思います。

では早速

ここに3足の 4thパターンジャングルブーツ(パナマソール)が有ります。
左から
1968年、1969年、1970年製造です。
カカトの縫い目が〜と言う話を知って居たので何気なく70年製を見ていると...

え、こいつ縫い目無いじゃん。

1970年9月の製造です。
そして
1969年製を見てみると...

うおおおおおおおお
縫い目がある!!!!

この奇跡的な年代の並びでカカトの縫い目の謎が解けましたヽ(;▽;)
しかしぼくの持っている70年製のブーツは70年9月の製造で69年製のブーツには何月かは表記されていません。
なので
ひょっとしたら1969年製にも縫い目が無いロットがあるかも知れませんし
1970年8月のロットには縫い目があるかも知れません...
少なくとも1970年9月以降のブーツには縫い目が無いと言うことにもなります。
ひょっとしたらナム戦末期には縫い目が無いブーツも履かれてたのかも知れません。
結果としてナムロットにも縫い目が有りました。
何か情報知ってる方!コメントして頂けると幸いです!
それでは今日はこのへんでサヨウナラ〜(๑・̑◡・̑๑)ノ
  


Posted by jones at 13:41Comments(5)

2016年12月19日

12/17 CRA ナム合わせ

お疲れ様です!
今年最後の締め括りイベントとなりましたCRA(コンバットレディ愛知)で行われたショウさん企画のナム合わせに行ってまいりました!
なんと普通のサバゲに20数名のナムクラが集結したのです!

こんな感じで
余りにも人数が多買ったので運営の方々の気遣いで
「ナムチームはマーカーなし!」にして頂きました

SOG装備のイモムシ㌠
皆さんガチSOGなのでハブられた感が半端なかったσ(^_^;)

(戦うファイアーアスホールDivの戦士)
ゲーム開始すると最初は劣勢かと思われたナム㌠
実は割と強くて最初のハンデとか途中から無くなったらしいです...


一方僕は15発マグ4本の(リアカン!)命中精度劇低いマルシンM1カービンで戦ってましたM1で取れたヒット数は通算1名です( ✌︎'ω')✌︎
スミマセン笑

流石はナムチーム
ヒットするとただ帰るだけでなく救護搬送したり
「メディィイイイイイック」と叫び声が聞こえてきたり皆さんノリノリでした笑

ちなみに僕はながせさんを救急搬送でセーフティまで運びました。
散々遊んだ所で休憩!
皆さん思い思いの話をしたり休む暇なく写真撮ったりしてました!
そして午後からのゲームスタート....
になったのですがチーさんが居ないことに気づいた僕とながせさん..
まさか「 M I A ((((;゚Д゚)))))))」
んな事は無く旅の疲れから仮眠されてましたσ(^_^;)


と、それだけで終わるわけもなく


迫り来るプラスターさん


爆音の起床ラッパで....(略)

戦線に無事復帰されました( ✌︎'ω')✌︎


午後は一通りゲームをやった所で
イモムシ㌠の我々はプチ撮影会をしました

...
これでは無く

コレです
見覚えある方もいらっしゃるかと思います

ホンモノはコッチです
64年くらいにMSFが空挺降下訓練した時の写真で
エアギブスを装着(訓練なのかマジで怪我したのかは不明)してる写真でコレを撮りたいのでチーさんの箱入りエアギブスと僕のオキナワブーツを駆使して撮影しました( ✌︎'ω')✌︎
「ブーツここ!」「カービンが後ろで...」「木!木の枝!」「伊勢型さん脚の角度!!」と行った感じで撮影しました!
めちゃくちゃリアルに撮れました。
こう言う再現写真撮ってる時が最高に楽しいです。


そうこうしてる間にイベントも終了して行きました...
あっという間でした。
ナム戦装備合わせを企画して下さったショウさんありがとうございます!
とてつもなく楽しかったです!!!

(イモムシクラブに囲まれるショウさん)
そして
朝早くからお車で迎えにきて下さりその上キャンティーンフィルター

も譲って下さったcrackerさん
キャンティーンカバー譲って下さったながせさん
Twitterの前のアカウントの時から知り合いのぐーるさん
いつかお会いしたかったえいぶさん!
皆さんに会えてよかったです!

ラビットさんも話しかけて下さってありがとうございました!
またアホカリ等イベントでお会いしましょう!!!

でもイモムシクラブの装備はやはりスゲーリアルで
すσ(^_^;)


所で
こんなカッコしてた僕ですが
それなりに気合入れてSOGにヒケを取らないようにしてきたのですが終始装備について触れられず
最終的に「その装備何だったんですか?」と言われましたヽ(;▽;)笑笑

1963年頃の第3軍管区本部(ビエンホア)勤務でNCOアカデミーに招集されナトラングに着任したMACV アメリカンアドバイザーの中尉のコスプレです(涙)!
MAAG時代のリッジウェイキャップの白いラインがミソ...でした.°(ಗдಗ。)°.
「ちなみに隣の方のARVN装備も僕がセットアップしました(小声)」

いつかアドバイザーの知名度上げないとな....
と思った瞬間でもありましたσ(^_^;)
そしてまだまだお勉強が必要だと言うことも!
こうしたイベントがあると気合が入りますね。
そう行った意味でも非常に充実したイベントでした!
皆さんありがとうございました!
そしてお疲れ様でした!!
またお会いしましょう!
それでは(^q^)ノ  


Posted by jones at 00:01Comments(0)

2016年12月14日

ナム戦レンジャー パスファインダー装備


75レンジャー装備です。
装備の特徴としてはナイロン装備(M1967)、被服はERDLが目立つ感じがします。




と言う事で...
想定は 味方部隊展開地域確保の為にLZ(ランディングゾーン)を開設し航空部隊の受け入れ地域を確保しに行くパスファインダーと言う想定です。
行動想定期間は2〜3日ほどです
と、言う事で...

LRRPカスタムのポプリンリーフと2ndパターンジャングルブーツ
ERDLのハット

リーフファティーグジャケット
浄水タブレットをポケットに入れてる設定
右腰ポケットに暗号表

リーフファティーグトラウザーズ
右カーゴポケットに火傷薬、予備包帯、止血剤、止血帯等々...

左カーゴポケットに嗜好品等々、


XM177E2

グレネード2発
白燐弾(M36 WP)

トロピカルリュック(中にラペリングロープ、下着、レーション、予備バッテリー、サバイバルウォーター等々)が入ってると言う設定
PRC-25
H161(ヘッドセット)

腰回り
XM28ガスマスクポーチ(侵入経路等のマップ類が入ってると言う設定)

M1967アムニッションポーチ×2

ビニロン2Qtキャンティーンカバー& 2Qtキャンティーン
M1956アムニッションポーチ(インセクトポイズンリムーバー、シグナルミラー、ストロボライト、等々が入ってると言う設定)

M19561Qtキャンティーンカバー&1Qtキャンティーン(飲む用)

パイロットサバイバルナイフ

耳栓(LZ開設時に爆薬を使用したりするので一応)
カラビナx2
マガジンバンダリア
と、奇怪な組み合わせですがこんな感じの想定で組んでます。

全部着てみるとこんな感じです



腰回りだけ見ると奇妙ですが
全部装着してみるとそれっぽく見えるものですねσ(^_^;)

そう言えば偶に訓練等でベレー帽被ってる写真とかも有るのでそのスタイルも試してみました

見栄えが良いのでオススメです( ✌︎'ω')✌︎

それでは今日はこの辺で(╹◡╹)ノ


  


Posted by jones at 11:37Comments(0)

2016年12月03日

実物シングルポイント遂に...

今日は!
今年はネタが多すぎて書きたい記事が沢山あるのですが沢山あり過ぎて頓挫しております。

そんな中で夢にまで見たシングルポイントサイトが遂に手元に来ましたので記事にさせて頂きます。


なんと届いた日が11月21日でして
感のいい人なら分かるはず。
「アイボリーコースト作戦」の日で運命しか感じませんでした!

早速GAU-5 /A/Aに搭載!



この姿が見たかったんです。
ソンタイ46周年の日に実パーツまみれの完璧なGAU-5にホンモノのシングルポイントまでついて感無量です。

エイムポイントM2000と比較して見ましたが重さも大きさもあまり変わらない...
M2000の販売が1989年頃でシングルポイントが1960年代後半から有るのですが20年ちょっとでココまで進化するのかと思うと科学の進歩って凄いなーと思います。

実はエイムポイントとシングルポイントは意外な接点がありまして
ソンタイ捕虜収容所を襲撃し、退役したメドウズ少佐が80年代にデルタフォースに照準補助具とフラッシュライトの必要性の講義をしていたそうです。
その時にM2000をゴリ押ししたそうな。
このフラッシュライトとサイトの組み合わせは現代でもバリバリ受け継がれていますね。
少し話が逸れましたが「シングルポイントすごいよ」と言う記事でした。
また電動ガンで射撃してみてどうなのかと言うことも記事にしたいと思います。
  


Posted by jones at 14:38Comments(0)

2016年12月02日

バナナマチェット(CISOマチェット SOGマチェット

こんばんは!
久々に鉈シリーズです。
CISOマチェット...遂に。



以前紹介したサバイバルアックス君

やGIマチェット君

と違う点は例えば
コントラクトナンバーやアメリカ軍で使用されていた規格のものを使用しない事で
超絶アメリカ人にしか見えないアメリケンソルジャーがラオスとか入っちゃダメな所で捕獲されたりした時に
「おい!条約違反じゃねえか!」
と言われても
C●Aが「は?何でうちってわかんだよ!汗
ショーコ出せよショーコ!」
「へー。ショーコなら...!!!?」
C●A「うぇーいそんなのしりませーん。」
って言う苦い言い訳が出来るのです。
ビターですな。

アメリカ軍の不良の存在を秘匿する為に作られたと言うなんともいかがわしいナタですがSOG装備で持っているととても良いアクセントになる不気味なナタです。
それが今回手に入りました。


しかもデットストックで。


デットストックの根拠としては箱に入ってました。

サラッと言いましたが届いた時は開けない予定でした

がサラッと開けました。


このちょっと雑な作りが良いですね。
なんてったって未使用ですから!
しかし
カメなべ会で色々伐採したので中古になりました。


ちなみにながせさんの家にもサラッと転がってました。

シースですが縁に補強の金属板があるのでシースから抜く時に「シュゥゥゥゥッ シャキン」と不気味な音が鳴りやがるのであまり抜き差しはしてません。(傷もつくしね...)
この雑な記事から凄さ伝わって頂ければ良いのですが
今でも見るたびにドキドキさせられる不思議な魅力のマチェットです。

資料性も含めて今年ベスト10入りのコレクションになりました。

それでは!  


Posted by jones at 21:38Comments(0)